注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン
床が濡れず葉水に最適!極微細の霧吹き「アイビルのエアリーミスト」

床が濡れず葉水に最適!極微細の霧吹き「アイビルのエアリーミストスプレー」

今回ご紹介するアイテムは霧吹きです。

霧吹きって皆さん何に使いますか?水を入れて寝癖直し?化粧水を入れて保湿に使う?色んな用途があると思います。

私・るっき(@CotomonoL)は霧吹きに水を入れて植物に吹きかけています。これを「葉水」と言います。植物に葉水をすると葉っぱがみずみずしくなり、ほこりや汚れを落とす効果があります。また、病害虫の予防にもなるので植物の健康のためにも効果的です。

今回はその葉水に最適な霧吹きのご紹介となります。植物好きの方はもちろんですが、良質の霧吹きを探している方もぜひご覧ください。

アイビル「エアリーミスト」のスペック

アイビル「エアリーミスト」のスペック

メーカー名:アイビル(aivil)
製品名:エアリーミスト
商品サイズ:5×5×27cm
容量:300ml
カラー展開:黒・白
価格:1,042円(Amazon、2021年4月時点)

水などの液体を入れて噴射するスプレーです。通常のスプレーよりも高性能になっていますが、詳しくは後述します。

外観チェック

まずは外観を確認しましょう。

まずは製品を開ける前の状態から。

外観チェック

こんな感じの袋に入っています。この袋の裏面が簡単な説明書になっています。

続いて、本体。

本体

商品サイズが5×5×27cmとなっていて縦長とは分かっていましたが、実物を見るとやはり若干大きい印象を受けました。

噴霧するためのトリガー。

トリガー

本体下部にはブランドのロゴが入っています。

ロゴ

プラスチックでできているので特別な高級感はありませんが、チープな印象も受けません。値段相当といった感じ。カラー展開がブラックとホワイトとなっていて、個人的には黒のシックな感じが好きです。

iPhoneと大きさを比較すると・・・

iPhoneとの比較

こんな感じ。容量は300mlですが、結構な大きさがあります。私個人としては植物の葉っぱに水を上げる目的で、しかも植物の量がそんなに多くはないので、もう少し小さくても良かったかもとは思いました。

水を入れるタンクを外すとこんな感じ。

外すと

続いて、製品の特長について触れたいと思います。

エアリーミストスプレーの特徴

霧(ミスト)が細かい

霧(ミスト)が細かい

このミストスプレーの最大の特徴は、高圧ガスを使用していないにも関わらず、高微細なミストを噴霧できるところです。細かいミストっていうのがすごく重要なポイント。

私は自宅で植物を育てていますが、今までは家の中で葉水をせず、ベランダに植物を出して葉水をしていました。なぜなら、家の中でスプレーをすると床が濡れるからです。通常のスプレーだと、ミストの目が粗い(大粒の液体)で床に水滴がかかり、びちょびちょになります。

でも、アイビルのエアリーミストスプレーなら細かいミストなので、広範囲にミストが散り床の濡れが少なくなります。また、濡れたとしても細かい粒なので蒸発も早いです。

エアリーミストスプレーを導入してからは家の中で葉水をすることができるようになり、手間が省けて満足しています。

他の方の作成した動画ですが、ご覧ください。

長時間噴射・連続噴射できる

長時間噴射できる

トリガー(スプレーのスイッチみたいな箇所)を引いて噴霧するのですが、引く強さによって噴霧量が変わってきます。強く引けば量が多く、軽く引けば量が少なく噴霧できます。噴霧量は毎秒約1.25ccとのこと。

強く引いた場合、トリガーから手を離しても噴霧し続けます。また、繰り返しトリガーを引くことで滑らかに連続して噴霧できるのも大きな特徴です。

逆さま噴射ができる

逆さま噴射ができる

正位置であらかじめ数回トリガーを引き水を充填した後であれば、1~2回ほど逆さまに噴射することも可能です。葉水をする場合、葉っぱの裏側にも水をかけてあげた方が良いので逆さま噴射は嬉しい限りです。

総括

総括

いかがでしたでしょうか。私は葉水に使っていますが、用途は色々あると思います。水を噴霧して加湿器の代わりにもなるかもしれません。約1,000円で植物の水やりが楽になったので、私にとっては非常に良い買い物でした。ミストスプレーをお探しの方の参考になってくれれば嬉しく思います。

床が濡れず葉水に最適!極微細の霧吹き「アイビルのエアリーミスト」
最新情報をチェックしよう!