注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

【2021年版】30代社長のカバンの中身。メンズのミニマルな鞄の内側を大公開!

私・るっき(@CotomonoL)は30代会社経営者(男性)です。今回は私のカバンの中身をご紹介したいと思います。

他人のカバンの中身を見ると、自分のカバンの中身を見直すきっかけになると思いますので、思い切って今回公開することに決めました。結構こだわりのアイテムを揃えていますので、ご参考にしていただけると嬉しいです。

スーツのポケットの中身については別記事で記載していますので、よろしければご覧ください。

使っている鞄「Fetia」のRAIROA Series

私が使っているカバンはFetiaのRAIROA Seriesのバックパック。上質な牛革でできているため雨の日は使いませんが、それ以外の日はビジネス・プライベートどちらでも使っています。

最大の特徴は、そのシンプルかつミニマルな外観。ブランドロゴは控えめに刻まれており、余計な装飾がほとんどありません。金色の金具が付いていますが、良い意味でアクセントになっていると思います。

シンプルな外観で牛革でできているのでビジネスシーンに最適ですし、リュックサックなので意外と私服にも合うので、汎用性が高く重宝しています。


バッグハンガー:Clipa2

カバンの中身ではありませんが、鞄に装着しているバッグハンガーも紹介します。

円型の形をしたバッグハンガーでカバンの取手に普段は装着しています。

カバンを掛ける時はこんな感じ。

Clipa2の内側には滑り止めが付いているので、滑る心配が全くなくどこでも掛けられるんです。耐久性も15kgまでとなっていて、重い鞄でも問題もないところが嬉しいです。


折りたたみ傘:AmvelのPentagon72

いざ雨の際に心強い折りたたみ傘。私はAmvelのPentagon72という非常に軽い傘を使っています。その名の通り、重量は72gで五角形の形をしています。五角形なので一般的な傘に比べて骨の数が少なく、軽量素材で軽さを実現しています。軽量でコンパクトながらも、耐久性にも配慮されている嬉しいアイテム。大雨の日は向きませんが、いざという時の備えとしては十分頼りになる傘です。


M1 Macbook Air(2020年版)

私は自宅でも出先でもM1搭載Macbook Airをメインパソコンとして使っていて、どこでも同じ環境で作業ができるようにしています。2020年発売のM1搭載Macbook Airは作業スピードが速く、それでいて電池の持ちも良いので、常にカバンの中に入れる相棒的存在です。

パソコンを入れると鞄の総重量は多少重くなってしまいますが、場所を問わずブログ執筆などの作業できるというのは理想的なので、鞄の中に常備しています。


iPad Pro 12.9インチ(2018年モデル)&Apple Pencil2

私は2018年版のiPad Pro 12.9インチを仕事で重宝しています。書類をPDF化してiPadで閲覧し、Apple Pencil 2でそのPDFに加筆もしますし、手書きのメモ帳・手書きのカレンダーとしてもiPad ProとApple Pencil 2を多用しています。

PDFを閲覧する際には、この12.9インチというサイズが絶妙でA4の用紙をPDFデータにした場合、ちょうど良いサイズとなります。

私は、iPad Pro 12.9インチを持ったお陰で、手書きのスケジュール帳を持つ必要がなくなりましたし、業務上でペーパーレス化に一役買うことになりました。

唯一のデメリットしては、大きい端末なので重いということです。iPad miniの最新機種がApple Pencil 2に対応したら、iPad miniを買い足そうと考えています。


Apple Pencil 2は、iPadがスリープ状態でもタッチするだけでメモ帳を起動できます。メモを取りたい瞬間にメモを取れる、この当たり前のようなことが実現できるので、完全にメモ帳が必要なくなりました。


アロマスティック

Fetiaのカバンの手前のポケットには、ソニーのアロマスティックを入れています。

この製品は携帯用のアロマディフューザーです。簡単に言えば、香りを楽しむための煙が出てくる機械です。サイズは直径25mm×高さ86mm、重量は33gで、非常にコンパクト。自分の鼻の近くにアロマスティックを近づけてボタンを押して香りを楽しみます。

外出先で通常のアロマオイルをハンカチなどに付けて香りを楽しむ場合、自分以外の方にも香りが漂ってしまう可能性がありますが、このアロマスティックは香る範囲が自分だけになっているので、他人に迷惑をかける心配がありません。

外出時にリラックスしたい時に重宝しています。


紛失防止タグ:Tile Mate

荷物の紛失を防止するスマートタグというジャンルのアイテムです。スマホを操作すればTile Mateが鳴り、Tile Mateを操作すればスマホが鳴る。どちらかの場所が分からなくなった時もこれがあれば安心です。

Bluetooth接続なので距離が離れてしまうと、音を鳴らすことができなくなりますが、最後に通信した場所が分かり、更に他のTileユーザーの端末を利用して紛失物の発見に役立てる優れものです。


ベルロイのクラシックポーチ

私はモバイルバッテリーやケーブルなどの小物はポーチに入れて、他のカバンを使う際もポーチを入れ替えるだけで荷物の入れ替えが済むようにしています。

主にガジェットを入れているのでガジェットポーチという言い方が正しいでしょうか。ベルロイのクラシックポーチは、それなりにモノを入れていれば自立し、必要なモノを必要なだけ収納できる絶妙なサイズ感で重宝しています。

デザインも割とシンプルで余分な装飾がなく、無駄なデザインが嫌いという方にはおしゃれでオススメできるポーチだと思います。


マルチUSBケーブル「incharge6 」

ポーチの中に必ず入れているのがこれ。

1本で6通りの充電方法が使えるマルチUSBケーブルです。片側はUSB Type-AとUSB Type-Cとして使用でき、もう片側はUSB Type-C・Lightning・Micro USBとして使用することができます。私はこのケーブルのおかげで、普段カバンに入れるケーブルを1本に統一することができました。

充電以外にデータ転送にも対応しているので、その用途は広がります。非常にコンパクトなので持ち運びに便利なのも嬉しいです。ケーブルの耐久性も高いので、断線の心配が少ないのも良いですね。


Sandiskのエクストリーム ポータブルSSD

同じくポーチに入れているのがこれ。

サンディスクのこのポータブルSSDは、最大550MB/秒の読み出し速度で高速転送を実現しています。高解像度の写真や動画を保存・編集するのに最適です。

それでいて、本体サイズは5cm×9.5cmとコンパクト。更に、防水・防塵性能を備えていて、衝撃にも強いので外出で持ち運ぶのに最適なポータブルSSDです。

私は当初500GBものを所有していましたが、あまりにも便利なので2TBのものを買い足して持ち歩いています。


USBハブ:Anker PowerExpand+ 7-in-1

USB Type-Cのハブで、USB Type-AやType-C、HDMIポート、SDカード&microSDカードスロットがある万能タイプのアイテムです。外出時にMacBookを使っていると、USB Type-Cのスロットだけでは対応できない場合が出てきます。その際に、このAnkerのPowerExpand+ 7-in-1があれば大抵の作業をこなすことができます。

USB Type-AとType-Cは動画や音楽など5Gbpsの高速データ転送に対応し、Type-CはPD対応となっていて汎用性が高いので重宝しています。


モバイルバッテリー:AnkerのPowerCore 10000

外出時にスマホの充電が切れたりしてピンチになることってあると思います。そんな時に備えて、私は外出時に必ずモバイルバッテリーを持ち歩いています。

私が使っているのはAnkerのPowerCore 10000です。その名の通り、10000mAhと大容量ですが、その割に約180gと軽く、9.2cm×6cmと小さいのが特徴です。国内外の飛行機にも持ち込み可能な容量なので、出張などがある方にもオススメできます。

小物入れ:Chip

「最小の小銭入れ」として名高いdripのChipを私は小物入れとして使っています。薬やSDカードなどを入れることが多いです。牛革でできていて質感が非常に良いですし、小さい本体にも関わらず、小銭が10枚ほど入るぐらいの収容力があり使い勝手が良いです。


イソップのハーバル ボディスプレー

オーストラリアのブランド・Aesop(イソップ)のボディスプレーです。香水の代わりにごくたまに使っています。ローズマリー・セージ・ユーカリなどのエッセンシャルオイルがブレンド配合され、爽やかな香りのするスプレーです。

特に夏場とかは汗をかいたりして匂いの気になる季節です。そんな時に、このボディスプレーで爽やかな香りがすると気分が上がるので気に入っています。

無印良品のアトマイザー&消毒液

手のひらに収まるサイズの無印良品のアトマイザー(液体をスプレーするアイテム)。私はこのアトマイザーの中に消毒液を入れて、いつでも除菌できるようにしています。消毒液は、ビオレUの「薬用 手指の消毒液」を使っています。

小型の靴べら:イタリアンシューホーン

私は仕事柄、靴を履いたり脱いだりする機会が多いので靴べらが必需品です。私が使っている靴べらはGT(ジーティー)のイタリアンシューホーンです。小型の靴べらでどこにでも収納できるので重宝しています。

総括

いかがでしたでしょうか。30代会社社長のカバンの中身は、若干ガジェットが多めで構成されています。自宅でも職場でも外出先でも同じ環境で作業ができるように、MacBookを持ち運び、その周辺機器も合わせて持っていくというスタンスです。

仕事の時は、これらのアイテムと業務上の書類を持ち運んでいます。結構お気に入りのアイテムを揃えていますので、この記事がどなたかの参考になってくれれば嬉しく思います。

この記事と併せて、ポケットの中身にご興味のある方は下記記事をご覧ください。

最新情報をチェックしよう!