注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

Apple Pencil 2を使った1年半を振り返る

2018年12月、iPad Pro 12.9インチ(2018年版)と同時にApple Pencil 2を購入しました。iPad Proを購入したきっかけもApple Pencil 2と言っても過言ではありません。今回は、Appe Pencil 2の魅力や1年弱使ってみた感想をまとめてみました。

メリット

持ちやすさ

初代Apple Pencilはツルツルとした質感でしたが、今回はマットな仕上がりとなっています。加えて、初代では丸型のペンで転がりやすい形でしたが、今回は完全な丸型ではなく一部がフラットになっていて、転がりにくく改良されています。今回の方が持ちやすく手にフィットするように感じました(Apple Pencil 2の方が初代よりも短くなっていて、重心に変化したことも影響があるかもしれないです)。

外観のシンプルさ

前述した通り、初代Apple Pencilはツルツル光沢のある質感で、Apple Pencil 2はマットな仕上がりで光沢が殆どありません。また、初代はキャップ(Lightning端子の付いている箇所)近くが一部銀色になっていますが、Apple Pencil 2は全面白色でシンプルな仕上がりになっています。シンプルさを極限まで追求したデザインは、個人的には好感を持てました。

ワイヤレス充電に対応

Apple Pencil 2は、iPad Pro 2018年版の側面にマグネットで装着するワイヤレス充電に対応しています。これにより大きく2つのメリットが生まれました。

まず1つ目は、Apple Pencilの定位置が確保されたこと。従来のApple Pencilはどこに置いておくか、定位置が定まっていませんでした。iPadに装着もできないし、また形状が丸型のペンであるため転がりやすく、紛失の恐れがありました。それが、マグネットで装着する方式に変わったことで、Apple Pencil 2はiPadの側面が定位置となりました。マグネットタイプなので、転がる心配もなく、紛失リスクが相当減ったと思います。

2つ目のメリットは、充電が簡単になったこと。従来のApple Pencilはペン先の逆側のカバーを外し、Lightning端子をiPadに装着(刺す)することで充電できました。iPadにペンが突き刺さっている形となるので、見た目が格好悪い上に、耐久性にも不安がありました。Apple Pencil 2ではiPadの真横にマグネットで装着する充電形式なので、見た目もスマートであるし耐久性も問題ありません。更に、従来の充電方式はわざわざキャップを外してLightning端子を刺すという手間があり、充電し忘れることもありましたが、今回はマグネットで装着するだけなので充電を忘れることもまずあり得ません。iPadとApple Pencil 2のBluetoothのペアリングも、マグネットで装着するだけで簡単に行えるのも嬉しいポイントです。

書き心地

他のスタイラスペンをまともに使っていないので比較はできませんが、Apple Pencil 2は書いた瞬間とその記載内容が表示される瞬間のタイムラグが少ないように感じます。タイムラグをほぼ感じないので、本物のペンに近い感覚で文字や絵を描写できます。他サイトでは、従来のApple Pencil(通常のiPad使用)よりもApple Pencil 2(iPad Pro 2018使用)の方がタイムラグが少なく、より精密さを要求されるイラストなどを書くクリエイター向きであると記載がありました。

ダブルタップでの切り替え

Apple Pencil 2ではペン本体をダブルタップするだけで、デフォルトではペンと消しゴムを切り替えることができます。設定により、消しゴムでなく、別の操作に変更することも可能です。ダブルタップをするだけでの切り替えなので、作業の効率化が図れて嬉しいです。

インスタントメモ

iPad Pro 2018のレビューと重複しますが、iPad ProとApple Pencil 2の連携で特に素晴らしいのは、インスタントメモです。iPadは通常、使っていない時は画面が黒い状態(スリープモード)になっています。初代Apple Pencilでは、メモを取る場合、黒い状態からロックを解除し、メモアプリを開き、初めてメモを取ることができます。今回のiPad Proでは、その工程が簡略化され、黒いiPad Proの画面にApple Pencil 2をタッチするだけで、いきなりメモアプリを起動できます。ロック解除をする必要もなく、わざわざメモアプリのアイコンをタッチする必要もありません。大した違いでないように思えるかもしれませんが、僅かでも手間を削減できることが非常に大きいです。電話を受けてメモをする時、いちいちロック解除やメモアプリのアイコンのタップは非常に面倒です。瞬間的にメモを取れる事が何よりメモアプリには求められます。それを実現しただけで、今回のiPad Proは利用価値が相当大きくなったと言えるでしょう。

デメリット

Apple PencilがiPadから外れそうになる

iPad ProとApple Pencilは磁力で接続し充電する形式ですが、その磁力が最低限度なので少し力が加わるとズレたり外れそうになったりします。カバンに入れる際に、中身の他の道具とぶつかってiPadから外れる可能性があり、磁力がもう少し強力だと良かったかもしれないです。

Apple Pencilで全ての作業ができる訳ではない

指でタップする代わりにApple Pencilを使う。これにより殆どの作業は問題なく行えます。但し、iPad Proの全てのタップ操作をApple Pencilでカバーできる訳ではありません。例えば、アプリの最小化・切替などは指で行う必要があります。どうせなら、指でできる作業の全てをApple Pencilでカバーできるようにして欲しかったです。

塗装が剥げてきた

1年半、ほぼ毎日iPad ProとApple Pencil2を使っていて、当然毎日Apple Pencil2の充電を行なっています。iPadの側面とApple Pencilのフラット面が磁力で接するのですが、Apple Pencil2の接触部分(磁石部分)の白い塗装が剥げてきて、銀色の金属面が少しだけ露出してしまいます。安価な製品ではないため、耐久性についてはもう少し考えてもらえるとありがたかったです。

総評

ここまでメリット・デメリットを挙げてきたが、Appl Pencil 2は優れた入力デバイスです。業務に導入するだけで、紙媒体を減らすペーパーレス化にも役に立ちます。Apple Pencil 2はiPad Pro 2018にしか対応していない(2020年3月現在)ので、安い買い物では決してありませんが、買うだけの価値のあるデバイスだと私(@CotomonoL)は信じています(特にビジネスユーザー)。この記事が購入を検討している方の参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!