注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

Apple Watchにスイカ(Suica)を設定する方法

Apple Watch Series 6が発売されて、買い換えた方や新規で購入した方も多いのではないでしょうか。

折角、Apple Watchを導入したのであればスイカ機能も使ってみたい!そんな方に向けて、導入方法の解説をしたいと思います。なお、今回の方法はスイカアプリを使わずに、iPhoneやApple Watchの初期ソフトでのやり方を記載しますので、ご了承ください。

まずは、スイカのカードを用意した上で、iPhoneにてWatchアプリを起動させます。

このアイコンをタップします。

次に、「WalletとApple Pay」を選択。

次に「カードを追加」を選択。

「続ける」を押します。

「Suica」を選択します。

「お手持ちの交通系ICカードを追加」を選択。

スイカのカードの裏面右下に記載のあるID番号の末尾4桁を入力して、「次へ」を押します。

利用規約を読んで、「同意する」を選択。

下記の画像のように、スイカのカードとスマホを重ねるように置きます。

実際の写真はこんな感じ。

すると、

転送中と表示され・・・

「次へ」を押します。

最後に「完了」を押します。

こんな感じで、Suicaが登録されていることが分かります。

今度は、Apple Watch側でスイカが追加されているかを確認してみましょう。

まずは、電源ボタンにダブルクリックします。すると、カードを選択できる画面になりますので、スイカを選んでください。

5000円入金されていることが分かります。

以上で、Apple Watchにスイカの登録完了です。

手順としては割と簡単だと思います。面倒くさいのは実際のスイカのカードを購入しに行かなくてはならない点です。しかしながら、一度登録すれば相当便利ですので、Apple Watchを持っている方がこの記事を見てスイカ導入を行うきっかけになってくれれば嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!