注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

Apple Watchで簡単に体温を入力「体温計Watch+」

コロナウイルスの影響で、色んな環境・習慣が変化した方も多いと思います。在宅勤務・リモート飲み会・家の中での筋トレ・こまめな手洗い・うがい、etc・・・。

私(@CotomonoL)は日々の中で体温計で体温を測る習慣が新たに加わりました。具体的に熱があると思ったことはここ数か月ではありませんが、それでも自分が無自覚のうちにコロナに罹っている可能性もゼロではない訳で、体温ぐらい管理しておこうと思い立ちました。

体温を記録する際、iPhoneに標準搭載されている「ヘルスケア」アプリを使っても良いのですが、毎日測るのでできるだけ簡単に測れるアプリを探したところ、良いものが見つかったのでご紹介したいと思います。

アプリ名「体温計Watch+」

このアプリはApple Watch用のアプリです。機能と使い方は非常にシンプル。体温をダイヤル形式で入力し、「データ登録」ボタンを押すだけ。

「ヘルスケアに登録完了」という文字が表示されたらiPhoneへの情報登録が完了です。

体温計Watch+の特徴

iPhoneのヘルスケアアプリと連動している

初回にiPhoneの「ヘルスケア」アプリとの連動を許可さえすれば、体温計Watch+のデータはヘルスケアと連動します。サードパーティーのアプリではありますが、iPhoneの公式データとして残るのも嬉しいですね。

Apple Watchで入力するので入力の手間が最小限

ヘルスケアアプリで体温を入力しても全く問題はありません。それで十分だと思います。しかし、ヘルスケアアプリで記録するためには、iPhoneのロック画面を解除し、アプリのアイコンをタッチし、「体温」を選択し、「データを追加」ボタンを押す必要があります。

しかし、「体温計Watch+」であれば、手首を上げてApple Watchを起動させて、アプリを起動すればすぐに入力できます。明らかに体温を入力するまでの工程が減るので面倒に感じません。

ただでさえ、毎日体温を測って記録をとるという行為は面倒くさいもの。僅かな手軽さが継続には欠かせないと思います。

総括

いかがでしたでしょうか。体温計Watch+は体温を記録する上で必須のアプリではありません。しかし、一度利用してみると、「体温を記録する」という習慣を長続きできるだけの手軽さがこのアプリにはあります。万人受けはしないと思いますが、個人的にはオススメです。

最新情報をチェックしよう!