注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

植物の成長を記録化。水やりや剪定・収穫まで管理するアプリ「GreenDiary」

最近外出する機会が減り在宅時間が増えがちで、せめて自宅での時間を楽しみたい、そんな方って結構多いと思います。

私(@CotomonoL)もそんな一人。ブログ運営を含めて色々始めました。そんな私が今新たにハマっていることの一つが観葉植物を育てること。でも、複数の植物を育てているといつ水やりをやったか等が分からなくなり、管理が難しくなります。

そこで観葉植物や野菜・果物を含めて植物全般の成長を記録できる良いアプリを見つけたので、今回ご紹介したいと思います。

アプリ名「GreenDiary

植物の成長を記録できる

アイコンの1つ1つが日記帳になっています。植物ごとの日記帳をつけることで植物を管理します。

上記画像の「1日目」というのは、最後に水やりをやってから1日経過していることを意味しています。デフォルト状態では「水やりをやってからの日数」に設定されていませんが、設定変更すると非常に便利です。

私の育てている植物「ポインセチア」の成長日記のカレンダーです。「葉っぱ」マークがその植物の成長度を示しています。

「種まき」の段階であればカレンダー上に白の葉っぱを表示したり、緑が繁ってきたら緑色の葉っぱを表示、紅葉してきたら赤の葉っぱを表示、枯れたら茶色の葉っぱを表示等、成長の度合いによって葉っぱの色を変えることで、一目で成長度合いが分かるように設計されています。ただし、上記のポインセチアは観葉植物のため変化が殆どないので、全部緑になってしまいました(笑)

カレンダーでは成長の度合い以外にも、水やりと施肥の記録も一覧表示できます。上記画像の水マークが水やりで、点々マークが施肥を意味します。

カレンダーの各日付を選択すると、植物の成長日記を編集することができます。日時や本文(日記やコメントを書く欄)を入力できるほか、その日に行った作業をチェックマークで記録できます。

種まき・水やり・除草・苗植え・施肥・駆虫・植替え・剪定・収穫と、選べる作業の種類は豊富で観葉植物や植木以外にも、果物や野菜などの作物にも対応できていることが分かります。

また、右下には植物の成長度を選べるカーソルがあり、右下ではその日時の植物の状態を示す写真を記録できます。

日記の設定画面です。「日記の名前」には植物名を入れると分かりやすいかもしれません。カテゴリーとして、花・野菜・果物・ハーブ・穀類・草・木を選ぶことができます。カテゴリー別に日記を表示する機能もあるので、その際に活躍します。

植物の日記をリスト表示することも可能です。

植物の成長をコマ再生(動画再生)できる

毎日撮った植物の写真の履歴をコマ再生(動画再生)することができます。どのように成長したかがムービーになると分かりやすいので、非常に便利な機能です。

成長の記録を動画ファイルやPDFに出力できる

コマ再生の動画をMPEGファイルやPDFファイルに出力することも可能です。

上記がMPEGの動画にしたものです。PDFにすれば、植物の成長日記帳みたいになります。

未来の日記をつけると、予定表になる

日記は過去の出来事を記録するものですが、GreenDiaryでは過去だけではなく未来の出来事も記録可能です。

上記の赤いドットで囲われている葉っぱのマークが「未来の日記」になります。未来の日記を記載すると、それは今後の予定リストとして表示されるようになります。

こんな感じで、「水やりと駆虫をやりましょう」と表示されます。

総括

いかがでしたでしょうか。水やりなど作業の記録・管理もでき、植物の成長の進捗度が分かるので、家で植物を育てるには最適なアプリだと感じました。データをMPEGやPDFに外部出力ができるのも嬉しいですね。自宅で観葉植物や作物・樹木などを育てている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!