注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

今、Apple Watch Series2に足りないもの ~発売から4年経って振り返る~

2020年8月現在、私(@CotomonoL)はApple Watch Series 2を使っています。購入した時は日常をより豊かにしてくれるガジェットとして、満足度の高い製品でした。

今もある程度満足しているのですが、それでも発売から4年経過すると現行機種に比べて性能が劣るので、不満点も少しずつ出てきます。

そこで、Apple Watch Series 2に足りないもの、逆にApple Watch Series 2で十分なものについて綴ってみようと思います。これからSeries 6の購入を検討しているSeries 2ユーザーの参考になれば幸いです。

Apple Watch Series 2基本スペック

本題に入る前に、Apple Watch Series 2の基本スペックを列挙したいと思います。

サイズ展開:38mm、42mm
素材:アルミニウム、ステンレス、セラミック
チップ:デュアルコアプロセッサ
電池の持ち:最大18時間
内蔵GPS附属
50mの耐水性能
Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
Bluetooth 4.0
心拍センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
環境光センサー
Apple Pay対応
第2世代の感圧タッチ対応OLED
サファイアクリスタル(ステンレススチールケースとセラミックケース)
Ion-Xガラス(アルミニウムケース)
272 x 340ピクセル(38mm)
312 x 390ピクセル(42mm)

Apple Watch Series 2に足りないもの

ここからが本題です。Apple Watch Series 2で不足する機能や性能を列挙していきたいと思います。Series 2が抱える根本的な性能の弱さと、最新機種に比べてSeries 2が機能面で劣っている点の2つのジャンルの不足点を記載しています。

予め断っておくと、これらの不足点があるからApple Watch Series 2が駄目ということではなく、不足点があっても尚許容できる機種だと個人的には思っています。

動作が致命的に遅い

Apple Watch Series 2は今も現役でバリバリ使える機種だと個人的には思っています。ただ、唯一根本的な性能の問題があります。

それは、動作が致命的に遅いこと。

使っているユーザーの方はよくご存じだと思いますが、純正のアプリですら動作が遅いことがあります。

例えば、純正アプリであるワークアウト。Apple Watchの良さを体感する上で必須のアプリです。このワークアウトを実行する際、毎回ではありませんが読み込み中となり、数秒または十数秒待たされることがあります。

また、Siriに話しかけてもほんの僅かの間があり、反応速度の遅さを感じます。

純正アプリですら遅いのですから、サードパーティ製のアプリも遅い場合があります。私は習慣化アプリ「Habitify」を使っていて、普段はSeries 2でも全く問題はありませんが、たまにHabitifyが数秒または十数秒読み込み中になり動作の遅さを感じます。

遅すぎて使い物にならないアプリもある

これはApple Watch Series 2のスペックの問題なのか、アプリの問題なのか、それとも両者の相性の問題なのか分かりませんが、読み込み中の時間が長すぎて使い物にならないアプリもあります。

そのアプリの名は「Evernote」。

EvernoteのApple Watch版アプリでは、ノートの検索機能が実装されていますが、検索を実行するとずっと上記写真のような状態になり、全く先に進みません。2回ほど成功したことはありますが、殆どは失敗で読み込みができず全く使い物にならないです。

Apple Watchの問題なのかは不明なので、記載するかは迷いましたが一応書かせて頂きました。Series 6をおそらく購入すると思うので、購入してからEvernoteを使ってみて比較実験してみようと思います。実験の結果は当ブログでお知らせしますので、気になる方はチェックしてみてください。

選べる文字盤が少ない

Apple Watchは最新モデルが出るたびに、選べる文字盤が増えてきました。しかし、旧モデルだと新しい文字盤に対応していないことが多く、文字盤の選択肢があまりないのが不便だと最近感じます。

設置できるコンプリケーションの数が少ない

上述した通り、Apple Watch Series 2では選べる文字盤が少ないです。そして、コンプリケーション(文字盤に搭載できるアプリ)を多く配置できる文字盤がありません。

Series 2対応の文字盤の中で、割とコンプリケーションを多く登録できる文字盤「クロノグラフ」でも3つしか登録できません。

Series 4以降で使える文字盤「インフォグラフ」では、コンプリケーションが8つまで使えます。文字盤からワンタップで動作できる機能を増やしたい場合は、Series 2だとやや不足すると言って良いでしょう。

常時表示されない

Series 4以前のApple Watchは手首を捻って端末を自分自身の方向に向けることで、一時的に文字盤が表示される仕様でした。

しかし、Series 5は端末を自分自身に向けなくても文字盤が表示され、いつでも時刻を確認できるようになりました。Apple Watchが時計である以上、常時表示は個人的には必要な機能だと思っています。そう思う方は、ややSeries 4以前では不足を感じるかもしれません。

画面が小さい

Apple Watch Series 2は38mmと42mmの2サイズ用意されていて、それぞれ272×340ピクセル・312×390ピクセルとなっていて、画面サイズが小さいです。

それに対して、Series 4以降のApple Watchでは、40mmと44mmの2サイズになっていて、それぞれ324 x 394ピクセル・368 x 448ピクセルとなり、画面サイズが30%大きくなっています。

また、Series 4以降のApple Watchはベゼルが細くなり、画面サイズが大きくなった割には、本体サイズがさほど大きくならないメリットもあります。

Apple Watchは手首につけるので大きすぎるのは禁物。しかしながら、アプリのアイコンが小さすぎたりして誤操作をしかねないので、画面サイズが小さすぎても問題があります。

ベゼルが細く、本体の大きさに画面サイズが近づいたSeries 4以降のApple Watchはサイズ効率が良いと思うので、Series 3以前に不満がある訳ではありませんが、やはり小さいなと感じてしまいます。

ストレージ容量が少ない

Apple Watch Series 5のストレージが32GBなのに対して、Series 2のストレージはたったの8GBです。しかも、Apple Watch Series 2に音楽データを入れたい場合、ストレージの中の2GBまでしか入れられません。

音楽データをストレージに保存して楽しみたい人にとっては、あまりにも役不足な容量という印象です。

watchOS7に対応しない

この秋にリリースが予定されているApple Watchの最新OSであるwatchOS7ですが、残念ながらSeries 2は対応せずアップデートができません。

睡眠トラッキング機能が噂されたりと注目点も多い最新OSなので、Series 2が対応しないのはSeries 2ユーザーにとってはかなり残念なポイントです。

Apple Watch Series 2で十分なもの

通知機能

個人的にApple Watchで一番使う機能は、通知機能です。予定表やリマインダー・メールなど各種通知がApple Watchから確認することができますが、Series 2で全く不足がありません。

一番使う機能に不足がないということは、Series 2は現役として十分に通用することを意味します。

電池の持ち

Apple Watch Series 2は電池の持ちが意外と悪くないです。もちろん、使い方によって差が出ると思いますが、ワークアウトをせず睡眠時は外している人であれば、1回の充電でなんとか2日間持つこともあります。それも数年使用して、多少電池が劣化している今でも。

バッテリー性能の点でSeries 2を手放す必要はないでしょう。

バンドが最新機種と互換性がある

Apple WatchはSeries 4からサイズが大きくなりましたが、取り替え可能なバンドは新旧で互換性があります。旧38mmは新40mmのバンドに対応、旧42mmは新44mmのバンドに対応しています。

よって、Series 2の時代から使っている古いバンドであっても、未だに最新機種にも使えるのは嬉しいですね。

高いデザイン性

Series 4から若干のデザインが変更があり、更にオシャレな文字盤も増えてきましたが、根本的なデザインはSeries 2の時代から変わっていません。Series 4と比較して、明らかにデザイン面で劣っているとは言えないと思います。

高い防水性能

Apple Watchは手首につけるものなので、防水機能があると安心できます。Series 2の時点で50mの防水性能があり、日常で使うにも水泳などで使うにも問題がありません。

GPSの精度

Apple Watch Series 2でワークアウトをして、地図に歩いた軌跡を表示させても、測定誤差はそんなに大きくなく許容範囲内だと感じます。Series 2で十分だと思います。

総括

いかがでしたでしょうか。Apple Watch Series 2の致命的な欠点は動作が極端に遅いという1点です。それ以外の足りないことは、最新機種の方がより快適に使える、その程度の問題であり、致命的な欠点にはなりません。

スマートウォッチで個人的に一番大事な通知機能も、Series 2で全く問題ありませんし、Series 2はまだまだ現役で使えると今でも思っています。

しかし、最新機種に比べると見劣りしているのも確かで、私個人としてはそろそろ最新機種が欲しいと思っています。最新OSにも対応していないので、そこら辺も影響すると思います。

そろそろ買い換えるかを迷っているSeries 2ユーザーの方もいると思います。そういう方が検討する上での一助になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!