注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

BoYataのノートパソコンスタンドでPCを目線の高さにする!姿勢改善に効果的!

リモートワークをしている方って最近増えたと思います。その際、ノートパソコンを使う方が多数派なのではないでしょうか。

でも、ノートパソコンって目線が低くてどうしても姿勢が猫背になりがち。長時間作業しているとどうしても疲れてしまいます。

今回は、そんな作業姿勢から脱却できるノートパソコンスタンドをご紹介したいと思います。

製品概要

メーカー名:BoYata
製品名:ノートパソコンスタンド タブレットスタンド
カラー展開:シルバー・ダークグレー・シャンパンゴールド・ピンク・ブラック
材質:シリコン・アルミニウム・ゴム
サイズ:幅30cm×奥行20cm×高さ32cm(一番大きく広げた時の大きさ)
重量:1.48kg
耐荷重:20kg

ノートパソコンやタブレットを目線の高さまで高くするためのスタンドです。

BoYataのスタンドの特徴

ノートパソコンやタブレットの高さを調整できる

上の写真は背筋を伸ばした状態でノートパソコンを使って作業している時のものです。BoYataのスタンドを使えば、ノートパソコンのモニターの高さと自分の目線の高さが一致するので、ノートパソコンで作業する際に猫背になったりすることがありません。

背筋を伸ばした正しい姿勢で作業ができると、疲れが軽減され作業効率の向上が見込まれます。特にリモートワークをしている方は長時間の作業になると思いますので、ノートパソコンスタンドの効果は絶大です。

様々な高さ・角度に調整可能

BoYataは下の写真のような金属部品が付いていて、高さ及び角度を様々な状態に調整することが可能です。

最大の高さは32cm。下の写真の状態が高さの上限です。

関節部分が硬く、本体に安定性がある

BoYataのノートパソコンスタンドは関節部分が非常に硬いのも特徴です。上の写真は畳んである状態ですが、その状態から開いた状態にするのにはかなりの力が必要です。

本当に硬くて、片手で設定するのはなかなか大変です。関節部分が硬く動きにくいので設置・調整の際は苦労しますが、一方で一度設置してしまえば安定性が抜群です。

体重を乗せない限り片手では関節が動かないので、ノートパソコンのキーボードをタイピングしてもタブレットをタップしても本体が極端に揺れることもなく、関節分が緩むこともなく、特に問題ありません。

非常に重みのある、ズッシリとした筐体であると言えます。

排熱にも配慮されている

BoYata本体の真ん中には大きな穴が存在します。ノートパソコンで底部にファンがある機種は、その穴を利用して排熱ができるので便利です。地味な点ですが、ユーザーのことを色々考えて作った製品だと分かります。

各所にシリコン製のクッションが付いている

BoYataのノートパソコンスタンドは各所にシリコン製のクッションが付いています。上の写真のクッションがあることで、BoYataとノートパソコンが接触する際の衝撃を和らげてくれています。

筐体の裏面にもクッションが付いています。

この裏面のクッションでBoYata本体が机を傷つけるリスクを防いています。細かい箇所ではありますが、配慮がされた良い製品だと感じます。

AppleのMacbookとの相性が抜群に良い

私が選んだ色はダークグレー。MacBook Airのスペースグレイと色合い及び質感が非常に近く、設置していて相性の良さを感じます。

MacBook AirをBoYataに設置し、マウスとキーボードをBluetooth接続すれば、快適な作業空間を作ることができます。

上記写真のマウスとキーボードはこちらの記事をご参照ください。

総括

いかがでしたでしょうか。特に在宅ワーク・リモートワークの方で自宅にデスクトップパソコンがない方は、どうしても猫背になりながらノートパソコンに向かうことが多いと思うので、ノートパソコンスタンドがオススメです。もちろん、タブレットスタンドとしても使えるので、iPadで動画を試聴するという方にもお勧めできるアイテムです。

この記事がどなたかの参考になってくれれば嬉しくと思います。

最新情報をチェックしよう!