注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン
ジフィーストリップ

【そのまま植えられる鉢】サカタのタネのジフィーストリップで植物を育てる

コトモノライフを読んで頂きありがとうございます。管理人のるっき(@CotomonoL)です。

今回ご紹介するアイテムは、サカタのタネから発売されているジフィーストリップという植物育成用の鉢です。

ジフィーストリップは小さい鉢ですが、土に帰る素材なの鉢から植物を取り出すことなく、鉢と植物とをまるごと植え付けが可能なアイテムです。植物好きの方にはオススメのアイテムになりますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

「そのまま植えられる鉢」の概要

ジフィーストリップは、素材が土なので鉢(ポット)を埋めるとそのまま土に帰ります。

「そのまま植えられる鉢」の概要

上記画像は発芽したばかりの植物の写真ですが、ジフィーストリップ1個に対して種を1つ植え付けています。

通常の鉢であれば植物が大きく育った場合、植え替えが必要になります。しかし、ジフィーストリップであれば植物をジフィーストリップと一緒に丸ごと植え付けることが可能です。ジフィーストリップは土に帰るので一切ゴミが出ません。

サカタのタネの「そのまま植えられる鉢」は何種類か発売されています。

ジフィーストリップ 角型5cm 12個連結 5枚入

正方形の形状で12個連結しています。12個の連結しているものが5枚入っています。

 
るっき
私が使っているのはこのタイプ。詳細レビューは後述します。

ジフィーストリップ 角型8cm 6個連結 4枚入

正方形の形状で6個連結しています。6個連結しているものが4枚セットになっています。

ジフィーポット 5.5cm 10個入り

直径5.5cmの丸型の鉢です。ジフィーストリップと違い連結していません。10個入りです。

ジフィーポット 8cm 30個入り

直径8cmの丸型の鉢です。ジフィーストリップと違い連結していません。30個入りです。

ジフィーストリップ(角型5cm・12個連結)の外観

まずは開封前のパッケージから。

ジフィーストリップ(角型5cm・12個連結)の外観

植物を植える前のジフィーストリップ。

植え付け前のじふぃーストリップ

拡大

裏側から。

裏側から

少し穴が空いているのでバーミキュライトなど細かい土だと流れてしまう可能性があるので注意。

植物を植えた状態。

植物を植えた状態

「ジフィーストリップ」レビュー

植物を個別管理しやすい

私が使っている角形5cmのタイプは正方形であり、並べるとこんな感じになります。

植物を個別管理しやすい

1つ1つが小さく正方形の形をしているので、場所を無駄に使うことなく、たくさんの鉢を効率的に並べることができるメリットがあります。写真だと48個分が並んでいます。

私は種から植物を育てる「実生」にジフィーストリップを使っているのですが、多くの種をまとめて植えているので効率的に並べることができるのは正直ありがたいと感じました。

そして、1つの鉢に1つの種を植えることで個別管理ができ、種にカビなどが生えた場合に1つの鉢だけを取り除けば良いので扱いやすかったです。

1つ1つを切り離すことができる

1つ1つを切り離すことができる

ジフィーストリップは12個が連結していますが、それぞれを切り離す(破る)ことが可能です。

但し、ジフィーストリップはそれなりの強度があるので、本体が乾いている状態で手で破るのはなかなか骨が折れます。乾いている状態で切り離すのであればハサミを使いましょう。逆に、本体が水で濡れている時であれば簡単に手で破ることが可能です。

破って切り離すことで、不要な株(カビや病気でダメになった植物)を取り除くことができるので便利ですね。

濡れた時に色が変わる

濡れた時に色が変わる

写真では上部が茶色、下部がこげ茶っぽくなっているのがお分かりいただけるでしょうか。上部は乾いた状態で、下部は濡れている状態であることが一目瞭然です。

ジフィーストリップが乾いているか濡れているかを見ることで、水やりのタイミングの指標になります。

私の場合、ジフィーストリップをトレイの中に置いているのですが、トレイに水を注ぎジフィーストリップが水を吸います。そして、ジフィーストリップを通して土も湿っていきます。

ジフィーストリップが乾いていれば土も乾いていると判断できます。ジフィーストリップはそのまま植えられることが最大の特徴ではありますが、私個人としては水やりのタイミングを判断できる点が一番気に入っているポイントです。

関連記事:植物成長記録アプリ「GreenDiary」

関連記事:植物成長記録アプリ「GreenDiary」

植物の成長を管理する日記アプリ「GrennDiary」もオススメです。種まき・水やり・除草・苗植え・施肥・駆虫・植替え・剪定・収穫などを管理できます。

詳しくは下の記事をご覧ください。

総括

総括

この記事ではサカタのタネ 鉢 ジフィーストリップをご紹介しました。

鉢ごと土に埋めるという珍しいタイプのアイテムです。通常の植え替えは植物にとってストレスになるものなので、こういった方法はもしかしたら植物に優しいものかもしれません。

植物好きの方の参考になってくれれば嬉しく思います。

このブログでは、ガジェット雑貨など、大人男子の生活の質を上げるアイテムのレビューをメインに情報発信しています。Twitterinstagramfacebookもやっていますので、フォローして頂けると嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。