注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

印鑑をスマートに持ち歩く。シヤチハタの携帯用印鑑ケース「ウイズイン」

出先で急に印鑑が必要。そんな場面に遭遇したことがある方って結構多いと思います。最近では脱ハンコという流れもありつつも、いざという時のためにカバンに1つ印鑑を持っておきたいところです。

でも、カバンの中に武骨な印鑑ケースがあるとオシャレでない、そう感じる方もいるかもしれません。そんな方にオススメな印鑑ケースを本日は紹介したいと思います。

製品概要

メーカー名:シヤチハタ(Shachihata)
製品名:携帯用印鑑ケース ウイズインCPW-1
収納印鑑サイズ:丸印・小判印、直径10~12mm、長さ60mm
本体サイズ:14.7×14.7×66mm
重量:14g
材質:真ちゅう
カラー展開:シルバー、メタリックブラック、メタリックブルー、メタリックレッド

スタイリッシュな見た目

金属製のボディで見た目がスタイリッシュ。仕事中にさりげなく取り出したときにお洒落に見えるのが嬉しいですね。このオシャレな雰囲気を一度味わってしまうと、従来の印鑑ケースのような武骨なデザインのものには戻れなくなるかもしれません。

一般的な認印のサイズに対応している

直径10~12mmの丸印、10.5~12mmの小判印で、長さが60mmのものを収納することができます。一般的に認印として使われるような印鑑はだいたいこの大きさだと思う(私の家にある印鑑の殆どはこのサイズでした)ので、使える印鑑が多いのも嬉しいですね。

コンパクトなので持ち歩きに困らない

一般的に認印として使われるサイズの印鑑を収納するので、非常にコンパクトです。重さも14gしかないので、カバンの中に入れても重くならないですし、かさばりません。いつも持ち歩いていても苦にならない、これは結構大事なポイントだと思います。

朱肉を拭かずに収納できる

印鑑に付いた朱肉を拭かずにそのまま収納しても、印鑑の周りを汚すことがありません。印鑑の直径に比べて、印鑑ケースの直径がゆとりをもって設計されているためだと思われますが、驚く程に汚れません。こういうケースだと、印鑑の側面が汚れて嫌な思いをしたことがある方も結構いると思いますが、その点シヤチハタの印鑑ケースは安心です。

蓋が小さいので失くしそう

ケースのキャップは、ケース本体をひねる形で着脱します。外した後のキャップは実に小さく、しかも形が丸いので、どこかに失くしてしまいそうな気もします。デメリットという程ではありませんが、取り扱いには注意しましょう。

総括

いかがでしたでしょうか。こんなスタイリッシュでミニマルなデザインの印鑑ケースであれば、カバンの中に入れているだけでも気分が良いなと個人的には思っています。好きなものをもって出掛けるのは楽しい、そんな拘りを持った方に是非ともオススメしたいアイテムです。

最新情報をチェックしよう!