注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン

A4用紙を簡単に冊子化できるミニマルファイル「SLIT」レビュー

iPadでメモを取ったりと近年ではペーパーレス化が進んでいますが、その一方で紙のメモを使ったりプリントされた用紙を配られたりする機会がある方も多いと思います。

今回は、そんな方にオススメできる、A4用紙を簡単に冊子化できるミニマルなファイルをご紹介したいと思います。

製品概要

製品名:SLIT(スリット)
メーカー名:idontknow.tokyo(デザインはTENT)
生産国:日本
カラー展開:黒・白
サイズ:W315 × D226 × H5mm(A4より若干大きいサイズ)
素材:樹脂
内容:3枚入り

差し込めばA4用紙を冊子にできる最もミニマルなファイルです。

取り出すとこんな感じ。

極めてシンプルなファイルです。このファイルにA4のコピー用紙を入れると、こんな感じ。

極めて薄い冊子が完成しました。メモを取ってからスリットに挟んで冊子にするも良し。冊子の状態でメモを取るも良し。いずれにしても、最も薄いファイルが完成します。

シンプルかつミニマルな外観

樹脂で作られた本体はマットな仕上がりの黒で、極限までシンプルかつミニマルになっています。

唯一のデザインはブランドのロゴ。このロゴも遠目からは判断できないほど、主張のないデザインとなっているのも好感が持てます。

写真だとロゴだか何だか分からないですね(笑)

簡単にコピー用紙を冊子にできる

スリットを開いて数枚のコピー用紙を重ねて差し込みます。

差し込んだらスリットを閉じて、トントンと叩いて紙を固定させます。

こんな感じで持って、トントンと軽く叩きます。

これで冊子の出来上がり。非常に簡単に冊子にでき、逆に不要な紙を冊子から抜くのも簡単にできます。

用紙が固定されて落ちることがない

こんな感じでスリットを持ち上げたり揺らしたりしても、一回挟んだ用紙が落ちることはありません。挟む部分の強力な点がスリットの大きな特徴です。

優れたデザイン性なので所有の喜びがある

シンプルながらマットな質感で大人っぽい高級な雰囲気もあり、所有する喜びが得られるアイテムです。持っていて格好良いアイテムは、自然と使う機会も増えるのではないでしょうか。

圧倒的な薄さ

お洒落な雰囲気ではあるものの、ほんの数枚を冊子にするアイテムなので、薄く、そして、軽く設計されています。気軽に持ち運べるのも嬉しいですね。

クリアファイルのように透けることがない

私が使っているブラックは透けることは全くありません。他人に見せられないマル秘資料を持ち運んでいても、一定の安心感があります。

総括

いかがでしたでしょうか。このスリットを使い始めてから、アイデアを紙にアウトプットして具現化することが多くなりました。薄くて軽いのでどこにでも持ち運びが可能であり、格好良いデザインなので使っていて様になります。プリント類を紙で配られる方、紙でもメモにこだわる方、色んな方にオススメできるファイルですので、一人でも多くの方の参考になってくれれば嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!