注目キーワード
  1. Apple
  2. ワイン
XGIMI HORIZON

XGIMIプロジェクター比較!Elfin・HORIZON・Halo・MoGo等の据置&モバイル型を徹底的に比べてみた

コトモノライフを読んで頂きありがとうございます。管理人のるっき(@CotomonoL)です。

プロジェクターを導入したい、その中でもXGIMIの製品が気になる、そんな方もいると思います。でも、どの製品を選べば良いか決めきれない。

そんな方向けに、XGIMIの据え置き型プロジェクター3機種(Elfin・HORIZON Pro・HORIZON)とモバイルプロジェクター3機種(Halo・MoGo Pro・MoGo)を比較しましたので、ご参考にしていただけたら嬉しいです。

 
るっき
私はXGIMI HORIZONのユーザーです。大満足!

HORIZONについてはレビュー記事を書いていますので、興味のある方はご覧ください。

XGIMI(ジミー)とは?

XGIMI TECHNOLOGYは中国の成都で2013年に設立されたプロジェクターを主力製品とするメーカーです。

日本ではまだメジャーではありませんが、中国のプロジェクター市場ではシェア1位となっていて今後注目の企業です。OEMも受けていて、大人気のプロジェクター付きシーリングライト「popin Aladdin」のプロジェクター部分にXGIMIが携わっているようです。

XGIMIのプロジェクターの選定方法

用途で選ぶ

XGIMI HORIZON

XGIMIのプロジェクターは、冒頭でも記載した通り据え置き型とモバイル型の2種類あります。

据え置き型は文字通り、1箇所に据え置いて使うことを目的とするプロジェクターです。自宅やオフィスなどに設置し、移動させることは基本的にありません。当然、バッテリーが備わっていないモデルとなります。

一方、モバイル型はバッテリーを搭載し、外出時や屋外などでの利用も想定しているモデルになります。

1箇所だけで利用するのか、それとも持ち出して使うのか。それによって選ぶモデルが変わるでしょう。

タイプ機種名
据え置き型Horizon Pro
Horizon
Elfin
モバイル型Halo
Mogo Pro
MoGo

明るさ(ANSIルーメン)で選ぶ

XGIMI HORIZONレビュー

XGIMIのプロジェクターは非常に明るい機種から明るさが控え目な機種まで幅が広いです。プロジェクターの光が明るいと明るい部屋でも問題なく見ることができるので、明るさはプロジェクターにおいて非常に重要になります。夜間だけの使用なのか、日中にも使うことがあるのか。そこら辺を加味しながら機種選びをしましょう。

明るさ機種名
2200ANSIルーメンHorizon Pro
Horizon
600〜800ANSIルーメンElfin
Halo
300ANSIルーメンMogo Pro
210ANSIルーメンMoGo
 
るっき
個人的にはプロジェクターの明るさは最重要だと思っています。

解像度で選ぶ

4k画質のテレビ放送やゲームなどをする方は解像度を軸にプロジェクター選びをすることになります。その場合、フルHDだと役不足なので、今回ご紹介するプロジェクターの中だと4k画質対応のHorizon Proの一択になるでしょう。

 
るっき
フルHDでも十分に綺麗だと思うので、個人的には解像度は重視していません。

XGIMIプロジェクター・スペック比較

続いて、XGIMIのプロジェクターのスペックを比べてみましょう。

据え置き型プロジェクター比較

まずは据置タイプ3機種から。

ElfinHorizon ProHorizon
イメージ
税込価格78,900円176,880円129,800円
サイズ192.1×194.19×48.31mm208.4×218.4×136.2mm208.4×218.4×136.2mm
重量0.9kg2.9kg2.9kg
搭載OSAndroid TV 10.0Android TV 10.0Android TV 10.0
解像度1920×1080(フルHD)3840×2160(4k)1920×1080(フルHD)
明るさ600〜800ANSIルーメン2200ANSIルーメン2200ANSIルーメン
推奨投影サイズ40〜300インチ30〜300インチ30〜300インチ
ストレージ16GB32GB32GB
入力HDMI2.0×1
USB A 2.0×1
HDMI2.0×2
USB A 2.0×2
LAN×1
HDMI2.0×2
USB A 2.0×2
LAN×1
出力ヘッドホンジャック×1ヘッドホンジャック×1
OPTICAL×1(光デジタル)
ヘッドホンジャック×1
OPTICAL×1(光デジタル)
Wi-Fiデュアルバンド
2.4/5GHz、802.11a/b/g/n/ac
デュアルバンド
2.4/5GHz、802.11a/b/g/h
デュアルバンド
2.4/5GHz、802.11a/b/g/h
BluetoothBluetooth5.0/BLEBluetooth5.0Bluetooth5.0
台形補正範囲垂直±40度、水平±40度垂直±40度、水平±40度
手動の場合、水平±45度
垂直±40度、水平±40度
手動の場合、水平±45度
自動台形補正垂直、水平垂直、水平垂直、水平
リモコンBluetoothBluetoothBluetooth
Chromecast対応対応対応
スピーカーHarman Kardon
3W×2基
Harman Kardon
8W×2基
Harman Kardon
8W×2基
ノイズレベル30dB未満30dB未満30dB未満

HORIZON ProとHORIZONの違い

まず、HORIZON ProとHORIZONを比べてみると、解像度がHORIZON Proは3840×2160で4K対応しているのに対して、HORIZONの解像度は1920×1080でフルHD対応となっています。性能差はこれだけ。あとは、HORIZON Proのカラーがブラックなのに対して、HORIZONはシルバーになっています。

よって、4Kを求める方はHORIZON Proが必要でしょうが、それ以外の方はHORIZON Proである必要性はありません。

ElfinとHORIZONシリーズの違い

基本的にはHORIZONシリーズの機能を一部絞ったのがElfinという位置付けです。

明るさがHORIZONシリーズは2200ANSIルーメンなのに対して、Elfinは600〜800ANSIルーメン。Elfinでも十分に明るいですが、明るさを最優先する場合はHORIZONシリーズの方が良いでしょう。

また、Elfinの方が入出力端子も少なく、多くの機器と接続する等汎用性を高く使用したい場合はHORIZONシリーズを選ぶ必要があります。ストレージやスピーカーもHORIZONシリーズの方が優れています。

逆にElfinの方が優れている点もあり、3D対応されている点もElfinのメリットです。更にBLEに対応しているのもElfin独自の特徴です。

ElfinとHORIZONシリーズの共通点

ElfinとHORIZONシリーズには共通点も多く存在します。リスト化してみると・・・

  • 大画面での動画視聴が可能
  • Android TVが採用され、アプリを追加することでいろんな動画を見れる
  • 高速起動(約5秒ほどで起動します)
  • 自動台形補正機能が搭載され場所を選ばずに楽しめる(上下左右40度)
  • オートフォーカスや障害物検知機能搭載
  • 三脚用の穴が付いているので設置の仕方が工夫できる
  • Chromecast機能が搭載
  • Google Assistant対応
  • Bluetoothリモコンなので、壁やスクリーンに向けてリモコン操作しても機能する
 
るっき
HORIZONでやれることはElfinでも殆ど実行可能です。

据え置き型ならどの機種が良いか

使い方によって選ぶべき機種が分かれると思うので、まとめてみました。

価格が高くても4Kの高解像度を使いたい方
昼間や明るい部屋でも使いたい方
たくさんの機器と接続する必要がある方
Horizon Pro
解像度はフルHDでも問題ない方
昼間や明るい部屋でも使いたい方
たくさんの機器と接続する必要がある方
Horizon
解像度はフルHDでも問題ない方
価格を重要視する方
据置型プロジェクターを好むけど、コンパクトで設置場所に困らないタイプが欲しい方
Elfin
 
るっき
どの機種も一長一短だね。

モバイルプロジェクター比較

続いて、モバイルプロジェクター3機種をご紹介。いずれも据置タイプに比べると明るさは控え目になっています。モバイルなのでバッテリーを搭載しているのも特徴です。

HaloMogo ProMoGo
イメージ
税込価格96,800円66,600円44,800円
サイズ171.5×145×113.5mm146×105.5×94.5mm146×105.5×94.5mm
重量1.6kg0.9kg0.9kg
搭載OSAndroid 9.0 Android 9.0Android 9.0
解像度1920×1080(フルHD)1920×1080(フルHD)960×540
明るさ600〜800ANSIルーメン300ANSIルーメン210ANSIルーメン
推奨投影サイズ30〜100インチ30〜100インチ30〜100インチ
連続使用時間動画2〜4時間または
音楽8時間
動画2〜4時間または
音楽8時間
動画2〜4時間または
音楽8時間
ストレージ16GB16GB16GB
入力HDMI×1
USB A 2.0×1
HDMI×1
USB A 2.0×1
HDMI×1
USB A 2.0×1
出力ヘッドホンジャック×1ヘッドホンジャック×1ヘッドホンジャック×1
Wi-Fiデュアルバンド
2.4/5GHz、802.11a/b/g/n
デュアルバンド
2.4/5GHz、802.11a/b/g/n
デュアルバンド
2.4/5GHz、802.11a/b/g/n
BluetoothBluetooth4.2/5.0Bluetooth4.2/5.0Bluetooth4.2/5.0
台形補正範囲直±40度、水平±40度直±40度、水平±40度直±40度、水平±40度
自動台形補正垂直のみ
※水平は手動
垂直のみ
※水平は手動
リモコンBluetoothBluetoothBluetooth
Chromecast対応対応対応
スピーカーHarman Kardon
5W×2基
Harman Kardon
3W×2基
Harman Kardon
3W×2基
ノイズレベル30dB未満30dB未満30dB未満

モバイルプロジェクターならどの機種が良いか

使い方によって選ぶべき機種が分かれると思うので、まとめてみました。

価格が高くてもフルHDの高解像度を使いたい方
昼間や明るい部屋でも使いたい方
高音質を求める方
Halo
フルHDの高解像度を使いたいが、ある程度価格を抑えたい方
明るさを重視しない方
持ち運ぶ頻度が高い方
Mogo Pro
解像度はそこそこで問題ない方
価格を重要視する方
明るさを重視しない方
持ち運ぶ頻度が高い方
MoGo
 
るっき
解像度と明るさをとるか、リーズナブルな価格をとるか。人によって分かれそう。

関連:XGIMI HORIZONレビュー

XGIMI HORIZONレビュー

ここまでXGIMIのプロジェクターを紹介してきましたが、私が購入したのはHORIZONです。2200ANSIルーメンの明るさと豊富な接続端子が特徴の高機能モデル。決して安いものではありませんが、価格以上の満足度を得られます。

詳しいレビューは下の記事に記載していますので、よろしければご覧ください。

XGIMI製品に最適のプロジェクター台

XGIMIのプロジェクターの本体に上下方向の角度をつけたい場合に便利なのが、同じくXGIMI製のプロジェクタースタンドです。

角度調整

こんな感じで最大12度まで角度がつくので、スクリーンや壁に投影する位置を変更したい場合に便利です。

詳しくは下の記事をご覧ください。

関連:ホームシアターを実現するためのアイテム達

プロジェクターを導入したら、更にアイテムを買い足してホームシアター環境を構築したくなるかもしれません。

例えば、

  • スクリーン
  • スピーカーシステム
  • HDDレコーダー(ブルーレイディスクレコーダー)

これらが揃えば映画を見る環境としても最高のものが構築でき、更にテレビまで見ることができます。

詳しく解説した下の記事もよろしければご覧ください。

※オススメのアイテムのリンクも貼っておきます。

スクリーン

スピーカー

HDDレコーダー

総括

総括

この記事ではXGIMIのプロジェクターを比較紹介しました。

どのプロジェクターも魅力的でなかなか選択が難しいところですが、個人的には明るさが何よりも重要だと思っています。日中でも気軽に使えるのは明るいプロジェクターです。予算と明るさのバランスで考えてみてはいかがでしょうか。

このブログでは、ガジェット雑貨など、大人男子の生活の質を上げるアイテムのレビューをメインに情報発信しています。Twitterinstagramfacebookもやっていますので、フォローして頂けると嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。